“女装オナニー”とは?本当の意味や正しいやり方、注意点について解説!

「女装オナニー」の意味とは、男性が女性用とされている衣服や装飾品を身に着けるなどして、外見上は女性の姿になっておナニーすることです。

女装オナニーにはどのような意味があるのでしょうか。

そもそも女装を好む男性は、自分が女装をしていることで性的興奮を感じます。

そのため自分が女装している姿を鏡に映しながらオナニーすることでより強い性的快感を得ることができます。

最近では、街中で女装した中年男性を多く見るので、男性の女装は以前ほどショッキングなものではなくなりました。

今回は「女装オナニー」の意味や正しいやり方、注意点に至るまでわかりやすく解説します。

「女装オナニー」の意味とは?

女装オナニー

意味:男性が女性用とされている衣服や装飾品を身に着けるなどして、外見上は女性の姿になっておナニーすること。

女装オナニーは、男性が女装しながらオナニーすることです。

男性は視覚的な刺激を楽しむ傾向があるため、鏡の前で自分が女装した姿を映しながらオナニーすることで強い性的快感を得ることができます。

女装オナニーで性的快感を得たことがある男性の多くは、通常のオナニーと比較して、より強い快感を女装オナニーで得ることができると言います。

女装するためのコスチュームは多岐に渡り、セーラー服、ナース、キャビンアテンダント(スチュワーデス)、メイド、ロリータファッションなど嗜好に合わせて様々なものがあります。

他にも、パンティーやブラジャー、ガーターベルトなどの下着は男性にとって視覚的に興奮を呼び起こすものです。

男性は、それらを自ら身に着けることで非日常的な感覚を覚えます。

タイトスカートやニットなど、特殊なフェチを持っている方は、それらを身に着けます。

このように女装オナニーの願望は、普段は決して垣間見ることができない、男性が心の奥に隠した欲望の表れです。

「女装オナニー」の正しいやり方について解説

日本における女装の歴史は古く、いつ頃から始まったのかは正確にはわかっていませんが、記紀において倭健命が女装をして熊襲を撃つ場面が記述されていることから、女装の起源はかなり古い時期に遡ると推測されています。

『平家物語』の記述には、12世紀末の治承4年(1180年)に高倉宮が謀反を起こし、これが発覚した際、家臣の長谷部信連が女装して脱出する奇策を進言し、脱出させることに成功しましたが、途中、溝を飛び越えるなどしたため、通行人から「はしたない女房」と不審がられた語りがあります。

この他にも、応仁の乱前後にも軍記物において敵を欺くための女装逃亡が度々語られていますが、いずれも失敗に終わっています。

また、源義経と弁慶の五条大橋での出会いでは、義経は最初女装していたとも言われています。

平安時代には、女人禁制の寺院で僧侶が稚児と呼ばれていた少年を女装させて女性の代わりとする、といったことが日常的に行われるようになり、以降の男色・衆道といった同性愛文化の原点となったとされています。

江戸時代には歌舞伎の女形などの女装少年が体を売る陰間茶屋が武家などの上流階級だけでなく庶民階級の間でも流行したりするなど、女装は男色・衆道文化の重要な要素になりました。

しかし、明治維新以降、西洋化に伴い洋装が標準の衣類となってくると、男女の衣服における差異が明確になりました。

体にピッタリと合う洋服は、女性用にデザインされた衣類を男性が着用するのは困難です。

女装には霊的な意味合いもあります。

シャーマニズムによる祭祀・祈祷が盛んに行われていた日本では、女性には霊を憑依しやすい妹の力があると考えられ、祭祀・祈祷を司るのは女性の役目でした。

女性に代わって男性が祭祀を司る場合、妹の力を借りるために女装したり、女性の名をもって観念的に転性したことが知られています。

また、男児が早世することが多い場合、生まれた男児を少女として女装させて育てたり、また男児に害する悪霊から守るために、幼少時に女装をさせる習慣も存在しました。

代表的には昭和天皇など、古くの皇室が挙げられます。

このように女装は、歴史的に見ても日本人に強く根付いています。

女装には、このような背景があることを理解しがら、女装オナニーするとより強い快感を得られるかもしれません。

事前準備について

まずは女装するためにコスチュームを準備しなければなりません。

視覚から刺激を与えるために、自分の好きなコスチュームを選ぶことが重要です。

特に好きなコスチュームがない場合は、憧れのシチュエーションからコスチュームを選ぶことがオススメです。

例えば、飛行機の中でキャビンアテンダントを犯したり、病院でナースをハメたいなど想像すればいくらでもあるはずです。

多くの男性が女装オナニーに強い性的快感を得る背景には、自分好みの女性を想像しながら、自分好みのコスチュームを着用して、自分好みのシチュエーションを忠実に演出できるからです。

コスチューム専門店やネットショップでたくさん売られているので、コスチュームはこだわって探してみることがいいでしょう。

メイクにチャレンジする

女装オナニーを盛り上げる方法として、思い切ってメイクを施してみることがオススメです。

自分の顔にメイクするすることによって女装がより本格的になります。

美形な顔の持ち主であれば、鏡に映し出された自分の姿に興奮してしまうことでしょう。

女性用の香水を使って匂いを再現することによって女装オナニーのムードをさらに高めることができます。

また、シチュエーションを再現して自分で女性っぽい声を出してもOKです。

オナニーの方法について

気持ちいい女装オナニーのためには、必要に応じてオナニーのやり方を変えてみましょう。

普通のオナニーと比べて、少しアブノーマルなオナニーをするに当たって、特に初心者はどのようにオナニーすればいいのかわからないことでしょう。

自分が選んだコスチュームやシチュエーションに合うように動かす手を調整してください。

どうしても上手くいかない時は、思い切ってコスチュームやシチュエーションを変えることも考えてください。

ガーターベルトやバイブを使ってみたり、恥ずかしくてできないようなことをあえてしてみたりすることで非日常の興奮を感じましょう。

常識や固定概念から解き放たれて、自分を振り切ったところに女装オナニーの本当の性的快感があります。

「女装オナニー」のメリットとは?

女装オナニーは、ただ単に性的快感を得ることができる以外にも、大きなメリットがあります。

そのメリットとは、女性の感覚や心理を知ることができることです。

男性にとって、女性の感覚や心理を知ることができる機会はそうありません。

それでは具体的にはどのようなことなのか解説します。

女性の感覚や心理を知ることができる

女装オナニーを通じて女性の性行為を疑似体験することは、女性としての性的快感のことばかりに関心が向きがちですが、実はもっと多くのことを学ぶことができます。

例えば、男性から責められる時の興奮や羞恥心など、本来男性なら感じることのない感情を自然と感じることができます。

女装して女性になりきることで、女性の感情や考え方、感覚、心理に至る精神面まで疑似体験することができます。

他にも、女装のためのコスチュームを選ぶ時も、女性がショッピングで服を選んだり、コーディネートしたりする感覚と同じです。

女装オナニーを通じて、本物の女性のような感覚や心理に触れることができます。

女装オナニーの注意点

女装オナニーすることは決して悪いことではありません。

しかし、残念ながら人に知られてしまうと、気持ち悪がられることがあります。

そのため女装オナニーしていることはバレない方がいいでしょう。

事実、女装オナニー愛好家の大多数が周囲に女装オナニーしていることを秘密にしています。

家族や友人に女装オナニーのことがバレると、どうしても恥ずかしい思いをしてしまいます。

また、女装オナニーには中毒性があり、女装オナニーではないとイケない男性が急増しています。

やりすぎには注意です。

まとめ

ここまで女装オナニーについて解説してきました。

女装オナニーは、自分好みの女性を想像しながら、自分好みのコスチュームを着用して、自分好みのシチュエーションを忠実に演出できることから通常のオナニーでは経験できないような未知の快感を楽しむことができます。

また、メイクしたり、香水をつけたりすることで、さらにムードを高めることができます。

女装しながらオナニーすることは、一般の考えからしてみれば、信じ難いですが、常識や固定概念から解き放たれてところに本当の性的快感があります。

しかし、女装オナニーは注意も必要です。

残念ながら女装オナニーが他人にバレてしまうと、気持ち悪がられることがあります。

女装オナニーすることは決して悪いことではありませんがバレないようにすることをオススメします。

また、一度、女装オナニーにハマってしまうと、普通のオナニーには戻れなくなってしまうことがあります。