“セカンドパートナー”とは?正しい意味やメリット、注意点について解説!

「セカンドパートナー」の意味とは、お互い既婚者でありながら、肉体関係を一切持たずに、デートや会話を楽しむ“友達以上恋人未満”の相手のことです。

不倫が問題視される中、既婚者同士の男女が心のときめきや癒しを求めて、友達でもない、不倫でもない、セカンドパートナーという新しい関係が注目を集めています。

肉体関係を伴わない関係ですが、友達関係ではなく、恋愛感情をお互いに持っています。

今回は「セカンドパートナー」の正しい意味やメリット、注意点に至るまでわかりやすく解説します。

「セカンドパートナー」の意味とは?

セカンドパートナー

意味:お互い既婚者でありながら、肉体関係を一切持たずに、デートや会話を楽しむ“友達以上恋人未満”の相手のこと。

セカンドパートナーは、お互い既婚者でありながら、肉体関係を一切持たずに、友達でもない、不倫でもない、デートや会話を楽しむ“友達以上恋人未満”の相手のことです。

肉体関係を伴うことはありませんが、達関係ではなく、恋愛感情をお互いに持っていることがポイントです。

セカンドパートナーの重要な役割は、日常生活では感じなくなったときめきを感じさせることにあります。

結婚して、夫婦として長く暮らすと愛情はあってもときめきは段々と失われてしまいます。

そのような時に、セカンドパートナーを作ることで日常生活にときめきを取り戻すことができるようになります。

恋愛感情を抱きながらも肉体関係は持たず、友達以上恋人未満の相手として、配偶者には言えない愚痴や悩みを聞いてもらうこともできます。

セカンドパートナーという存在がいることで、心に余裕が生まれて結果的に家庭生活も円満になることも多々あります。

セカンドパートナーの特徴
  • 男女の深い関係(肉体関係)を一切持たないプラトニックな関係
  • 友達以上恋人未満の関係
  • 肉体関係は伴わないが恋愛感情はある
  • デートしたり、キスしたりすることはある

不倫や浮気との違いとは?

セカンドパートナーとの関係は、不倫や浮気とどのように違うのでしょうか?

お互いに好意があるのであれば浮気ではないか、と考える方も多いでしょうが、セカンドパートナーとの関係は、不倫や浮気と違い、肉体関係になりません。

ここで筆者が申し上げている肉体関係とは性行為のことです。

セカンドパートナーとはデートしたり、キスやハグしたり、時には悩みを打ち明けたりすることもありますが、決して肉体関係を持つことはありません。

肉体関係にならないこと背景には、性行為を伴うと不貞行為として離婚の事由(原因)に十分に該当してしまうからです。

セカンドパートナーとの関係は、不倫や浮気と違って、あくまでも肉体関係を伴わない恋人以上不倫未満であることに意味があります。

「セカンドパートナー」のメリットとは?

セカンドパートナーは、ただ単にときめきや癒しを求めることができる以外にも、大きなメリットが3つあります。

そのメリットとは「生活にハリが出る」「若さを保つことができる」「精神的に余裕が生まれる」ことです。

3つとも結婚生活が長くなると徐々に失われてしまうものばかりなので、セカンドパートナーの存在で改善するのであれば嬉しいことです。

生活にハリが出る

セカンドパートナーの存在の最大のメリットは、生活にハリが出ることです。

結婚生活が長くなると、どうしても日々がマンネリ化してしまいます。

セカンドパートナーと恋をすることで、何でもない日常が輝き、仕事にもプラスに働きます。

生活にハリが出ると、心に余裕が生まれるので結果的に家庭生活も円満になります。

若さを保つことができる

セカンドパートナーがいることで若さを保つことができます。

その理由は、恋をすると、相手からよく見られたいという気持ちができるので、自然と身なりにも気を遣い始めます。

普段から周囲の視線に敏感になって、自然と若々しくいられます。

若々しさを取り戻すことで、夫婦関係が好転するケースもあるようです。

精神的に余裕が生まれる

セカンドパートナーは、友達以上恋人未満の存在として、配偶者には言えない愚痴や悩みを聞いてもらうことができます。

配偶者とは解決できなかった問題を解決することで、精神的にプレッシャーから解放されて、心に余裕を持つことができます。

例えば、配偶者と喧嘩してしまった時に、セカンドパートナーにその話を聞いてもらえるだけで心にゆとりを持てます。

セカンドパートナーとの関係が不倫や浮気と大きく違うのは、お互いに精神的に支え合っていることにあります。

お互いの夫婦生活を大事にしがら、より生活を豊かにするためにセカンドパートナーが存在します。

「セカンドパートナー」の注意点

セカンドパートナーは、お互い既婚者でありながら、肉体関係を持たない恋人してときめきや癒しを与えてくれる大切な存在です。

上述の通り、セカンドパートナーの存在には多くのメリットがある一方で、セカンドパートナーとの関係が最終的にどのように発展するのかを事前に考える必要があります。

男女問わず言えることは、お互いの家庭を壊さないことを最優先に考えています。

セカンドパートナーは恋人のような存在でありながら、お互いに家庭があるので、いつかはその関係に終焉を迎えます。

間違っても本気になったり、肉体関係に発展したりすることはあってはなりません。

例えば、夫婦関係は破綻していたとしても、子供がいるから家庭を壊すことができないと考える人は多くいます。

セカンドパートナーの存在は、あくまでお互いに精神的な支えであることが重要です。

また、セカンドパートナーの存在は配偶者が認めてなければ、その存在がバレた時に、例えば肉体関係がなかったとしても理解を得ることは難しいでしょう。

夫婦関係が悪化して、最悪な場合、離婚するケースもあります。

肉体関係はなかったとしても最終的にはただの不倫や浮気を見做されることがほとんどなので、セカンドパートナーの存在は誰にも言わず、絶対にバレないようにすることが大事です。

セカンドパートナーと出会うためには?

セカンドパートナーと出会う方法には色々あります。

職場や同窓会、バーなど会話した異性の既婚者は全てセカンドパートナーになり得る存在です。

何度も申し上げますが、セカンドパートナーとは絶対に肉体関係に発展してはいけません。

肉体関係を持つことは、不貞行為として離婚の事由になってしまいます。

セカンドパートナーとなる相手とは、この考え方が一致していることを確認してください。

また、最近では、SNSや出会い系サイトでセカンドパートナーを求める人が増えています。

この場合、お互いの求めている関係性が最初から明確なので、フィーリングさえ合えばセカンドパートナーとして良好な関係を築くことができます。

まとめ

ここまでセカンドパートナーについて解説してきました。

セカンドパートナーは、肉体関係を伴わない関係ですが、友達関係ではなく、恋人のような存在として、デートや会話を通じて関係を発展させて、心のときめきや癒しを得ることができます。

日々の生活にハリが出て、結果的に家庭生活も円満になるメリットもあります。

しかし、その一方で、肉体関係がなかったとしても世間では、不倫や浮気と同じと見做されることがほとんどです。

セカンドパートナーの存在は絶対に誰にもバレてはいけません。

セカンドパートナーの存在は、あくまでお互いに精神的な支えである必要があります。