“尿道オナニー”の正しい意味とやり方とは?ドライオルガズムを得るための注意点も解説

権藤

“尿道オナニー”とは尿道の奥にある前立腺を刺激するオナニーのことです。

前立腺を刺激することによって射精を伴わないドライオルガズムを得ることができます。

前立腺は男性の生殖機能に関わる内性器です。その役割は精子に栄養を与えて保護する前立腺液を作ることです。そのため男性特有の機能です。

鈴木

逆を言えば前立腺は女性には存在しないため尿道オナニーは男性にしかできないオナニーということになります。

そこで今回は「尿道オナニー」の正しい意味ややり方、注意点などについて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

“尿道オナニー”の意味とは?

尿道オナニー

意味:尿道の奥にある前立腺を刺激することオナニーのこと。

尿道オナニーは尿道の奥にある前立腺を刺激するオナニーです。

前立腺を刺激すること今までも感じたことがない強い性的快感を得ることができますが、通常のオナニーと異なり尿道オナニーは射精することはありません。

いわゆる射精を伴わないドライオルガズムに達することになります。

権藤

尿道は男性のカラダの中でも最もデリケートな部分です。そのため正しいやり方や尿道オナニーの注意点に理解しないと体調不良になるリスクがあります。具体的には尿道そのものが損傷したり、痛みを伴ったり最悪の場合は感染症を患う可能性があります。

“尿道オナニーの正しいやり方について

それでは尿道オナニーはどのようにすればいいのでしょうか?

前立腺は直腸と恥骨の中間にあり、膀胱の出口で尿道を取り囲んでます。

また、男性の生殖機能に関わる重要な臓器でもあります。

精液の15〜20%を占める前立腺液を分泌してくれます。

前立腺液には精子を守る機能があります。

さらに前立腺は生殖機能だけでなく排尿のコントロールにも非常に密接に関係してます。

前立腺を刺激する尿道オナニーはカラダの中でも非常に重要な役割を担うパーツを扱うことになることをしっかりと理解しましょう。

しかし、一方で前立腺はわからないことがまだ多いです。

まだ詳細が医学的に解明されてない前立腺ですが、尿道オナニーで得られる性的快感は格別です。

①尿道オナニーする前に

尿道オナニーをする前に、まずはシャワーを浴びて尿道の奥までキレイにしましょう。

尿道や前立腺がカラダの中でとてもデリケートなパーツです

そのため怪我や病気を防止する点においてもカラダを清潔な状態にしてください。

権藤

尿道オナニーの途中で少しでも違和感や痛みを感じたらすぐにストップしてください。

尿道オナニーするためには尿道カテーテルが必要です。

尿道カテーテルとは何らかの障害で通常の排尿が困難な方のために細い管を尿道から膀胱に挿入して排尿を助ける医療器具です。

鈴木

尿道カテーテルは本来はオナニーで使用するモノではなく医療器具ですので、使用する際は十分に注意してください。

とりわけ初めて尿道カテーテルを使用する方は、どの種類のモノを選べいいのかわからないと思います。

権藤

私はロビンソンカテーテルの2.55mmを使用してます。5mmや6mmの少し太いカテーテルもあるのですが絶対に怪我するので使わないでください。

ロビンソンカテーテルは医療カテーテルとして病院で使用されてますが、尿道オナニーに最適なカテーテルとしてアダルトグッズ販売店でもよく売られてるのを見かけます。

権藤

ロビンソンカテーテルの良い点は医療カテーテルなのですでに消毒済みであることです。

②カラダをリラックスさせてカテーテルを挿入

尿道オナニーを初めて挑戦する人は特にカテーテルを尿道に入れることを想像するだけで緊張してしまうと思います。

しかし、緊張すればするほどカテーテルを尿道に挿入するのが難しくなります。

それを避けるために尿道オナニー前はゆっくりお風呂に入って心身ともにリラックスした状態を作りましょう。

権藤

私はすぐに尿道オナニーを始めるのではなく軽くストレッチ運動をしてカラダをほぐすようにしてます。

カテーテルを尿道にそのまま挿入するとカテーテルと尿道の間に摩擦が生まれてアソコが損傷してしまいます。

そのため頭の尿道口付近とカテーテルの側面にローションを塗ってください。

権藤

ここでも市販のローションを使用するのではなく医療用ローションや潤滑ゼリーを購入してください。

挿入時はベッドの上で仰向けになっペニスを手指で支えて指先で尿道口を開きながらゆっくりとカテーテルを挿入しましょう。

③カテーテルで前立腺に刺激を与える

尿道の中にカテーテルが入る途中で、すでに尿道が刺激されてるので排尿時のような独特の快感を感じることができます。

しかし、尿道オナニーの最大の目的は更に深くまでカテーテルを挿入して前立腺を刺激することになります。

権藤

男性の尿道の長さは一般的に18〜20cmあると言われてます。それに応じてカテーテルの長さも最低でも18〜22cmは必要です。

カテーテルを挿入すると膀胱の下側にまとわりつくように前立腺があることが感覚的にわかります。

前立腺はキャンディくらいの大きさでカテーテルを20cm前後挿入するとちょうど前立腺に到達します。

カテーテルが前立腺に当たる刺激でいわゆるドライオルガズムを得ることができます。

ドライオルガズムは射精を伴わないのでメスイキのように連続で何度もイクことが可能です。

人によってはセックスよりも尿道オナニーの方が気持ち良いと感じる人も多いです。

尿道オナニーの注意点

すでに何度も申し上げてますが尿道オナニーは男性のカラダの中でも最もデリケートな部分を扱います。

そのためそれなりのリスクがあることを改めて理解してください。

最大のリスクは尿道が損傷して何かしらの障害が残る可能性があることです。

尿道は粘膜ですので非常に傷つきやすい期間になります。

少しでも違和感や痛みを感じた時はすぐにストップしてください。

権藤

尿道が損傷すると例えば、排尿時に痛みを伴うようになります。トイレの度に苦痛を感じること本当にツライです。場合によっては排尿障害や尿道狭窄(きょうさく)症などの障害が残ることもあります。他にも不衛生な状態で尿道オナニーすると感染症の危険性もあります。

尿道オナニーで使用するカテーテルは常に新品なものを使うようにしてください。

まとめ

ここまで尿道オナニーの正しい意味や遊び方、注意点などについて解説しました。

尿道オナニーは前立腺を刺激することによって通常のオナニーでは絶対に経験できないような未知の快感を得ることができます。

しかし、カラダの中でも最も繊細ば部分を刺激することになるので怪我しないようにローションをつけて安全第一でチャレンジしてください。

尿道オナニーには興味あったけど、どのようにすれば亀頭オナニーできるのかわからなかった人も多いと思います。

しかし、この記事を読んだ今、すでにあなたは亀頭オナニーするために99%の準備が整っています。

残りの1%は一歩踏み出す勇気だけです。

あとは実践あるのみです。

権藤

何度もしつこいですが尿道オナニーは安全第一で清潔な状態を保ってやってください。

わからないことがあれば、この記事を読み返して少しでも明るい毎日を過ごしていただけたら幸いです。