“JKリフレ”とは?正しい意味や歴史、注意点について徹底解説!

「JKリフレ」の意味とは、女子高生の制服を着た店員がリフレクソロジーという簡易マッサージをしてくれるお店のことです。

マッサージは密着感を売りにすることが多く、マッサージ以外にも個室で2人きりで会話、膝枕、耳かき、添い寝などのサービスを受けることができます。

また、JKリフレはかつては風俗店ではなかったので、18歳未満の少女を雇用しても風俗営業法違反にはなりませんでした。

そのために高校を卒業した年齢の女性によるコスプレではなく、18歳未満の女子を含めた本物の女子高生が働いていることがありました。

しかし、一方で、男性が少女に対してより密着度の高いサービスを求めることによって、少女への性行為に繋がりやすく、また従業員である少女も他のアルバイトと比べて、手軽に大金が稼げるなどの理由から脱法風俗店になっているがたびたび指摘されていました。

その対策として警察も違法行為が行われたJKリフレを摘発しましたが、JKリフレからスタートしたJKビジネスは形態を変えて、現在まで警察といたちごっこを続けています。

今回は「JKリフレ」の意味や歴史、注意点に至るまでわかりやすく解説します。

「JKリフレ」の意味とは?

JKリフレ

意味:女子高生の制服を着た店員がリフレクソロジーという簡易マッサージをしてくれるお店のこと。

JKリフレは、女子高生の制服を着た店員がリフレクソロジーという簡易マッサージをしてくれるお店のことで、風俗店ではないので、18歳未満の少女が働いていることがあります。

密着感があるマッサージを中心に、会話、膝枕、耳かき、添い寝などのサービスを受けることができます。

東京都の秋葉原、新宿、池袋、渋谷や大阪府の梅田、心斎橋、日本橋に多くお店が存在しています。

JKリフレは、風俗店や飲食店ではないので、許可や届出は不要なのですが、マッサージ店を開業する場合は、あん摩マッサージ指圧師の国家資格が必要です。

しかし、JKリフレの場合、リフレサービスが本来的なマッサージ行為なのかは曖昧にされており、現在のところ国家資格がなくてもサービスを提供しています。

「JKリフレ」の歴史について

2006年頃から、東京都の秋葉原でメイド喫茶に代わる業態としてJKリフレが誕生しました。

かつては風俗店ではなかったので、18歳未満の少女を雇用しても風俗営業法違反にならなかった背景もあり、児童買春やストーカー犯罪の温床になっていると問題視されていました。

このような問題を抱えるJKリフレが警察から摘発されたことを受けて、女子高生に制服や水着などの衣装を着させて、2人きりで撮影ができる「JK撮影会」という新たな形態のお店が誕生しました。

JK撮影会は、JKリフレと同様に、風俗営業法の適用を受けないため、本物の女子高生や18歳未満の少女が働くことが可能でした。

学校の教室などをイメージした撮影スペースで行われ、男性客の指示によって、セクシーなポーズやスカートの中の下着を見せるポーズを少女に取らせていました。

JK撮影会もすぐに児童ポルノ等の犯罪の温床になっているという意見が多くなり、18歳未満の従業員に対する労働基準法違反(危険有害業務)や児童福祉法違反(有害支配行為)や児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)や興行場法違反(無許可営業)で摘発されました。

しかし、JKリフレやJK撮影会のような個室ではなく、少女と店外デートができる「JK散歩」という新たな形態のお店が誕生しました。

JK散歩は、2人でカラオケや漫画喫茶に行くことができ、2人で自由な時間を過ごすことをできます。

こちらも風俗営業法の適用を受けないため、本物の女子高生や18歳未満の少女が働くことができたのですが、当然の如く児童買春等の犯罪の温床になっていることや、路上での強引な客引き行為が問題視されて、2013年4月以降、警察は「JKリフレ」「JK撮影会」「JKお散歩」等の「JKビジネス」に従事している17歳以下の少女について補導の対象として、2014年12月以降は18歳の女子高生である従業員についても、補導の対象となりました。

JKリフレからスタートしたJKビジネスは、摘発リスクを減らすために、実在する店舗を無くす無店舗の上、集客をインターネットにしてしまうことで摘発から逃れようとしており、現在までいたちごっこが続いています。

また、2014年には、アメリカ合衆国国務省がレポートを纏めた『人身売買に関する年次報告書』において、日本のJKリフレやJK散歩が性目的の人身売買(援助交際)の例として取り上げられました。

2015年3月には、愛知県が青少年保護育成条例の改正という形で、JKビジネスを「有害役務営業」と位置付けて、18歳未満による接客を禁じ、有害役務営業をしている店舗には行政が立ち入り調査し、違反があれば営業停止命令を出し、停止命令違反者は1年以下の懲役又は50万円以下の罰金を科される内容を盛り込む条例『JKビジネス包括的規制条例』が制定され、7月1日に施行されました。

続いて2017年3月に、東京都がJKビジネスを「特定異性接客営業」と位置付けて、18歳未満による接客を禁じ、店舗には行政が立ち入り調査し、違反があれば営業停止命令を出し、停止命令違反者は1年以下の懲役又は50万円以下の罰金を科される内容を盛り込む新条例「特定異性接客営業等の規制に関する条例」が制定され、7月1日に施行されました。

「JKリフレ」の注意点

現在、JKリフレに18歳未満の少女が在籍していることはほとんどありませんが、お店によっては隠れながら違法営業をしている場合があります。

違法営業しているお店だったと知らなかったとしても、そのようなお店で遊ぶことは犯罪行為を手助けしていることと同じです。

また、自分の欲望に負けて、性行為に及ぶと、18歳未満の少年少女と性行為などをした場合、相手の同意を得ていたとしても、地方自治体の青少年保護育成条例違反にあたり、処罰されます。

例えば、東京都の「東京都青少年の健全な育成に関する条例」には、「何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない」という規定があります。

違反した場合の罰則は、2年以下の懲役か100万円以下の罰金です。

また、愛知県の「愛知県青少年保護育成条例」では、「何人も、青少年に対して、いん行又はわいせつ行為をしてはならない」「何人も、青少年に対して、前項の行為を教え、又は見せてはならない」と規定しています。

違反した場合の罰則は、2年以下の懲役か100万円以下の罰金です。

この他の都道府県の青少年保護育成条例でも、条文の文言は異なる場合がありますが、わいせつな行為や性行為に関する制限と罰則が設けられています。

まとめ

ここまでJKリフレについて解説してきました。

女子高生の制服を着た若い女性にマッサージや膝枕、耳かき、添い寝などをしてもらうことは男性としてとても嬉しいことです。

大人になると、リアルな女子高生と触れ合う機会はないので、女子高生の彼女を疑似体験したり、青春を思い出したりすることができるので非日常を楽しめるメリットがあります。

しかし、一方で、JKリフレは性犯罪やストーカー犯罪の温床になっていることも事実です。

自分の欲求に負けて犯罪行為に加担することはあってならないことです。

倫理観を持ってJKリフレで遊ぶことが大切です。