“お掃除フェラ”とは?本当の意味や正しいやり方や語源、注意点について解説!

権藤

“お掃除フェラ”とはセックス後にアソコに付着した精液や膣分泌液をフェラチオで舐め取ることです。尿道口に残った精液を吸い取ることもあります。

射精後の男性器はとても敏感なのでお掃除フェラは、通常のフェラとは全く異なる快感を得ることができます。

そこで今回は「お掃除フェラ」の正しい意味ややり方、注意点などについて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

“お掃除フェラ”の意味とは?

お掃除フェラ

意味:性行為で射精した男性器に付着した精液や膣分泌液をフェラチオで舐め取ったり、尿道口に残った精液を吸い出したりする行為。

お掃除フェラはセックスで射精したアソコに付着した精液や膣分泌液をフェラチオで舐め取ることです。

尿道口に残った精液を吸い出すことから“フェラでアソコをお掃除する”という意味が込めれてます。

“お掃除フェラ”の語源とは?

1990年代後半に“お掃除フェラ”という言葉が広まりました。

それまでお掃除フェラは一部のマニアックなAVで披露される特殊プレイとされてました。

最近ではメイド系のAV作品でご主人様に対する献身的な行為としてお掃除フェラが描かれることが多いです。

“お掃除フェラ”やり方

お掃除フェラはセックス後に本当にアソコを掃除するのが目的ではなく、射精後に男性の満足感をさらに上げる後戯として側面が大きいです。

射精後の男性器はとても敏感です。

セックスで射精した男性はお掃除フェラを行われると通常のフェラとは全く異なる性的快感を得ることができます。

しかし、その敏感さ故に、一部の男性はお掃除フェラをくすぐったく感じる人もいます。

権藤

一般的にお掃除フェラは射精直後から2-3分後に行うと最高に気持ち良いと言われてます。裏スジやカリ下は男性器付近のパーツの中でも最敏感なので狙い目です。

“お掃除フェラ”の関連プレイ

お掃除フェラの関連プレイとしてセックス前に男性のアソコを洗わずにすぐにフェラする“即尺”があります。

即尺は細菌が繁茂した陰茎の恥垢などを口に含めるので細菌感染の危険があります。性病のリスクを考えると個人的には全くオススメできません。

鈴木

厚生労働省はコンドームを着用しない即尺は、感染への自覚がないまま他の相手に性病を感染させてしまう危険があると警鐘を鳴らしてます。

お掃除フェラの注意点

お掃除フェラはセックスで繁殖したバイ菌が付着した男性器を口に含む行為であります。

即尺と同様に細菌感染による性病のリスクがとても高い行為です。

権藤

一般的に言われるのが「性器から口腔」「口腔から性器」経由で感染した場合、性器間よりも自覚症状が出にくいと言われてます。

お掃除フェラには性病リスクがあることをしっかり理解しましょう。

まとめ

ここまでお掃除フェラの正しい意味や遊び方、注意点などについて解説しました。

お掃除フェラはセックス後にアソコに付着した精液や膣分泌液をフェラチオで舐め取る行為です。

射精後の男性器はとても敏感になってるので通常のフェラとは異なった快感を得ることができます。

しかし、お掃除フェラはバイ菌が付着した男性器を口に含む行為でもあるので性病のリスクが伴うことはしっかり理解しましょう。

お掃除フェラには興味あったけど、どのようにすればお掃除フェラできるのかわからなかった人も多いと思います。

しかし、この記事を読んだ今、すでにあなたはお掃除フェラするために99%の準備が整っています。

残りの1%は一歩踏み出す勇気だけです。

あとは実践あるのみです。

わからないことがあれば、この記事を読み返して少しでも明るい毎日を過ごしていただけたら幸いです。